HugBolt (ハグボルト)

これからの鉄骨建て方には、

ECOで便利な「ハグボルト」をお勧めします!

HUGBOLT画像1
HUGBOLT画像2
HUGBOLT画像3
HUGBOLT画像4
HUGBOLT画像5

地球にやさしくコストを低減!

HugBlot(ハグボルト)ロゴ画像

通常品に比べて、ねじのピッチ、ねじ山の角度、ねじ先端のリードをすべて大きくしました。それにより、ボルトとナットの初期勘合から回転がスムースに取れ、作業性の向上に貢献いたします。
しかも、ねじ部に打痕が付きにくい構造であるため、再使用に適したエコロジーなボルトになっています。
また、弊社オリジナルのエコロジーな提案により、お客様や社会にもやさしさを還元できるリユースプランをお届けしています。

HugBoltの特長

1)大きなねじピッチで作業をスピードアップ

大きなねじピッチは標準品の2倍。半分の回転数で締結できるので、作業スピードを大きく向上させます。

HugBlot(ハグボルト)解説画像1

2)打痕の付きにくいねじ構造

ねじ山の角度を90°にし、先端をR形状にすることで、打痕が付きづらく再使用に適した仕様となっています。

HugBlot(ハグボルト)解説画像2

3)サイズ表示とメッキ色で、使い勝手を向上

特に使用頻度が高いM20とM22は二面幅を同サイズにし、1本の工具で締め付け作業が行えます。
また、ボルト頭部に呼び径と首下長さを刻印し、サイズでメッキ色を分けることで、識別のしやすさ、使い勝手を向上します。

HugBlot(ハグボルト)解説画像3
HugBlot(ハグボルト)解説画像4

4)製品検査の実施

製造ロット毎に機械的性質の検査を行っております。(検査成績表の提出可)        

5)軸せん断力要求に応えた軸太構造

HugBoltは本締めボルトと同軸経の軸太構造です。

HugBlot(ハグボルト)解説画像5

6)リユースプランの適用で廃棄コストを削減し、エコ社会に貢献

打痕のつきにくいねじ構造と当社独自のリユースプランで、回収・再使用を可能にしました。詳しくはHugBoltリユースプランのページをご覧ください。

HugBlot(ハグボルト)解説画像6

仮ボルトの使用について

仮ボルトは必ず本締めボルトと同軸経のボルトを使用して下さい。
軸細カットボルトの使用は、 せん断耐力の低下を招くだけでなく同軸径でないことから、本締めボルトへの差し換えがスムースに行えないなどの支障が生じることもあります。

HugBlot(ハグボルト)解説画像7

仮締めボルトの使用一例と曲げ耐力計算式

接合部についての曲げ応力と仮ボルトの耐力比較では、おおむね仮ボルトの耐力が上回ることとされています。

HugBlot(ハグボルト)解説画像8

仮ボルトの締め付けに関する注意事項

標準的には、高力ボルト継手の場合、ボルト1群に対して1/3程度かつ2本以上をウェブとフランジに。混用継手および併用継手では、ボルト1群に対して1/2程度かつ2本以上をいずれもバランスよく配置して締め付けることとしています。更に建入れ直し後は変形を防止し、本締めが正しく施工されるように接合面が十分に密着するまで締め付けて下さい。また、ボルトをハンマー等で叩くことは、変形や劣化の原因となりますので、決して行わないで下さい。

仕 様

HugBlot(ハグボルト)5本画像
強度区分 :4.8 (ナット強度区分 5)  
表面処理 :ユニクロメッキ(M16、M22 、M24)
      有色クロメート(M20、W22)

■形状図

hug_zumen202001.png

■寸法表

記号(上図)
M16
M20
M22
W22
M24

■入数表

首下長さ(mm)
M16
M20
M22
W22
M24

HugBoltに関するお問い合わせはこちらから

当社の個人情報保護方針をご確認いただき、同意の上送信してください。
 

速やかなご返信を心がけておりますが、自動返信メールが届かない場合、1週間以上当社から連絡の無い場合には通信トラブル等の可能性がございますので、お手数ですが、お電話を頂戴できますよう、お願い致します。